1 FOODS TOKYO<br/>(ワンフーズ トウキョウ)

1 FOODS TOKYO
(ワンフーズ トウキョウ)

食品添加物不使用の食品を提供するブランド。フードマスターライセンスを持つ菱江隆シェフ監修のもと、「食品をつくる」ということに責任を持ち、大量生産ではなく必要な量を手造りで生産しています。1 FOODS TOKYOは無添加食品を通じて、「体に良いものを判断できる」「体に良いものを美味しいと感じる」そのうえで「添加物とも上手く共存していく」という一方的ではないバランスの取れた姿を目指しています。

618 scallop powder<br />(618 スカラップパウダー)

618 scallop powder
(618 スカラップパウダー)

ホタテの貝殻でつくった 洗浄・除菌・消臭パウダーが導く、地球にも優しい家仕事 毎日の炊事・洗濯で流れ出る「生活排水」が気になっている方に朗報です。ホタテの貝殻からできた618scallop powder (ロクイチハチスカラップパウダー)を使ったお掃除や洗濯なら、その排水は排水管や河川を綺麗にしながら自然に帰ります。今まで気になっていた排水問題も、家中の汚れもこのパウダーで優しく解決することができます。

abeego<br />(アビーゴ)

abeego
(アビーゴ)

世界で初めてビーズワックスラップ(ミツロウラップ)を製品化し、カナダの自社工場で製造。ナチュラルでサステイナブルなabeegoのビーズワックスラップを使用することで、健康的で地球にも優しい食生活への参加を促している。

aco wrap<br />(アコラップ)

aco wrap
(アコラップ)

オーストラリアで出会ったこのエコラップを日本でもたくさんの人に使ってほしいという想いから、日本の食事や暮らしに合うようにと誕生した。メイドインジャパンにこだわり、染めやコーティングなど、一つひとつ丁寧に手作業でつくっている。

Addition Studio<br />(アディション スタジオ)

Addition Studio
(アディション スタジオ)

土の匂いを感じる荒削りなオーストラリアのモチーフと現代的な感覚を融合させた、多様性のあるデザインハウスと言える。2010年に創設され、家具、照明器具、健康器具、そしてアロマ製品などを現代的なデザインで製作。誇りを持ってオーストラリアでデザインされたAddition Studioの製品は、オーガニックでありながら使用者のことを一番に考え、感覚的にも使い勝手が良いものになっている。

AFRICANSQUARE<br />(アフリカンスクエアー)

AFRICANSQUARE
(アフリカンスクエアー)

アフリカ生産者のもつ高い伝統技術を日本で紹介するだけではなく、日本の細かな技術やトレンドをプラスした「モノ作り」にも挑戦しているブランド。力のある「モノ」に出会うためにアフリカまで足を運び、また、魅力的な商品を継続的に提供する為に互いに学びあい、様々な分野での向上に日々努めている。

Alishan<br />(アリサン)

Alishan
(アリサン)

埼玉県日高市を拠点に、創業者ジャック&フェイ夫婦が世界中から集めた、オーガニック・ベジタリアン・サステナブル(持続可能)な食材を輸入・卸・販売している日本の食品メーカー。自然にもカラダにもやさしく、持続的に安心して提供することが可能な食材を食卓届けている。

anela<br />(アネラ)

anela
(アネラ)

”re-union products”をコンセプトとした株式会社GOOD DEAL COMPANYによるコンセプトブランド。当社は東京都内の飲食店と連携した、コルク栓再資源化プロジェクト「TOKYO CORK PROJECT」を主導し、再生コルクとその他の廃棄マテリアルやリサイクルマテリアルを組み合わせたものづくりを行なっています。 コルクは、ポルトガルやスペインを主な原産国とするコルク樫の樹皮から作られる天然素材で、日本では自給できません。だからこそ一度作られたコルクを無駄にしない「リサイクル」にこだわり、新たな資源消費を抑制していくことに貢献しています。

ap bank

ap bank

音楽家の小林武史と、Mr.Childrenの櫻井和寿に、坂本龍一氏を加えた3名が拠出した資金をもとに、2003年に設立された団体。 『サステナブル』ということを大きな指標に据えながら、自然エネルギーや環境保全活動している方々への融資、野外音楽イベント「ap bank fes」の開催、復興支援活動など様々なプロジェクトを立ち上げ、発展的に継続している。ap bankの「ap」は「Artists' Power」のAP、そして「Alternative Power」のAP。

Apollo&Char New Habit<br />(アポロ&チャー ニューハビット)

Apollo&Char New Habit
(アポロ&チャー ニューハビット)

こどもの頃にもらったあふれんばかりの愛情を、今度は自分が世界中に配っていきたいと思い活動している。「デザインの力があればもっと家族の時間を健やかで楽しものにできるのではないか!」そのような考えからApollo&Char Companyでは、ペットやキッズにまつわるオリジナルブランドのプロデュースも行っている。

ARGOL<br />(アルゴール)

ARGOL
(アルゴール)

ポーランドの古都ポズナンにおいて100 年以上の歴史を重ねるアルバタイメント社が手掛けるヘルスケアブランド。商品は厳選された植物原料を独自にブレンドしたエッセンスを用いて、カルメライトエッセンス(※)のレシピを基に作られており、ヨーロッパでは古くから多くの家庭で愛用され続けています。 ※キリスト教カルメル修道会の修道女たちにより、植物由来のハーブをブレンドし生み出された歴史ある万能薬。

asunowa<br />(アスノワ)

asunowa
(アスノワ)

 「明日のために。 環境問題にあらゆる選択肢を、新しい答えを。」。温暖化や森林伐採、海洋汚染などプラスチック環境問題が進む昨今、持続可能な世界のため、“人と地球にやさしいものづくり”を実現するため、環境負荷の少ない商品の開発・商品化を目指す、オルディ株式会社のプロジェクト。

BambooRoll<br />(バンブーロール)

BambooRoll
(バンブーロール)

暮らしの中で消費することは社会と地球を消費することに、暮らしをつくることは社会をつくることにつながっている。今この瞬間が未来の日常へとつながっている。一人ひとりが暮らしの中で循環をつくり出すことで未来の子どもたちからの借り物を還していく。プロダクトを通じて新しい日常と循環をつくりだそうとしているブランド。

BELLA TUNNO<br />(ベラ トゥーノ)

BELLA TUNNO
(ベラ トゥーノ)

アメリカでの子供の飢餓撲滅に取り組むベビー用品ブランド。2005年、ミシェルという一人の女性が、貧困などの弱い立場にある子どもたちに何か支援ができないかという思いからビジネスを始めました。「楽しく、安全で革新的なベビー用品を作る」「 1 点販売につき、1 人の子供に 1 回(またはそれ以上)の食事を寄付する事」を使命とし、これまでに「Feeding America」「the Global FoodBanking Network」という団体を通じて730万食分以上の寄付をしました。   環境や社会に配慮した事業をおこない、透明性や説明責任などといった、B Labが定めた厳しい基準をクリアした企業に対して与えられる認証「Bコーポレーション」にも認定されています。

black+blum × ELEMINIST<br/>(ブラック ブルム × エレミニスト)

black+blum × ELEMINIST
(ブラック ブルム × エレミニスト)

イギリスのノーサンブリア大学で工業デザインを勉強したDan Blackが、1998年に同級生と共に設立したBlack+Blum社。世界で需要が高まっている、食事や飲料の持ち運びに焦点を当て商品を開発しています。 「ゼロウェイスト=廃棄物ゼロ」のライフスタイルを実現するために、耐久性に優れ長く使用できるデザインにこだわり商品を開発。イギリス国内はもとより海外でも高い評価を得ています。このカテゴリーの商品が、ヘルス&ウェルネス、そしてエコロジカルに通じると信じ、人々の健康的で豊かなライフスタイルの実現を目指しています。

BOTANIUM<br />(ボタニウム)

BOTANIUM
(ボタニウム)

2016年にスウェーデン・ストックホルムで設立されたテクノロジー企業。植物を枯らした経験のあるデザイナー・エンジニアたちによって、誰もが手間なく、オシャレに、植物や食べ物を育てることができる革新的な製品・ボタニアムが開発された。都会のスペースの狭いところでも、どんな人でも、簡単に生産者になれるボタニアム。そのサービス向上と更なる技術革新を目指して活動している。現在では65ヵ国以上に出荷。愛用者を増やし続けている。

BROWN SUGAR 1ST<br />(ブラウンシュガー ファースト)

BROWN SUGAR 1ST
(ブラウンシュガー ファースト)

有機JAS認定の「有機エキストラバージンココナッツオイル」をはじめとした、有機食品を取り扱う食品ブランド。わが子に食べさせたいかどうか?」を基準に厳選した有機食材の企画・開発・販売を行う。子供や孫の世代まで豊かな環境が残せるよう、安全で美味しくて楽しいサステナブルな食品を展開している。

CARRY THE SUN<br />(キャリー・ザ・サン)

CARRY THE SUN
(キャリー・ザ・サン)

「モノを売る」を超え、灯りのある生活を世界の人々に届けたい。世界には電気のない国や地域がたくさんあります。灯りがあれば真っ暗な道も安全に歩ける。夜灯りがあれば本が読め勉強ができる。灯りの元に家族が集まり食事ができる。灯りはただ明るいだけでなく心も温かくしてくれます。 CARRY THE SUN®️の灯りで希望のおすそわけをしていく活動をしています。

Champ<br />(チャンプ)

Champ
(チャンプ)

創始者であり現在もクリエイティブディレクターとして活動しているローレン・ステラーは、幼い頃家中から家具を集め秘密基地や洞窟を作っていた。自分が作ったもので誰かが楽しむ姿を見る喜びが建築の勉強を始めるきっかけとなり、ロイヤルメルボルン工科大学・大学院で建築を学び修士号を取得した後、建築士として働きながら人が空間に対して抱く愛着やこだわりについて考えるようになった。2015年にローレンは建築事務所を離れ実験的なサステイナブルブランド「Champ Co.」を立ち上げた。「Champ Co.」では型破りで対話的、何よりも楽しいローレンの作品を取り扱っている。

ChariTea <br/>(チャリティ)

ChariTea
(チャリティ)

ドイツ発のサステナブルドリンクブランド「ChariTea(チャリティ)」。茶葉の味を最大限に引き出し、ほんのりとしたやさしい甘みのチャリティは、子どもから大人まで楽しめ地球にもカラダにもやさしいドリンク。 「ChariTea」のドリンクの原材料は、姉妹ブランド「LEMONAID」同様すべてオーガニック・フェアトレードの農場で作られたものを使用し、  パッケージはリサイクル&アップサイクルが可能なガラスボトルを起用。売り上げの一部は、茶葉の原産地である南米地域に利益還元、1ボトルにつき約7円を「LEMONAID&ChariTea財団」に還元している。

&CRAFTS<br />(アンド クラフツ)

&CRAFTS
(アンド クラフツ)

昭和33年創業の製材屋をルーツとする企業455studioが手掛ける木製プロダクトのブランド。使い手が自分なりの感性や解釈で新しい可能性を発見していけるよう、あえて未完成であったり、無塗装のままであるのが&CRAFTSの製品の特徴です。山梨県の管理の行き届いた森林から調達された木材を用いて、職人による熟練の木工技術により意匠性の高い製品を製作しています。その為、注目されるべきは日本のものづくりを支えている職人であるべきと考え、製品を通して多くの人に製作の様子が伝わるようこだわってものづくりを行なっています。

DAIYO <br/>(ダイヨ)

DAIYO
(ダイヨ)

滋賀県高島郡にて1914年創業の有限会社大與による和ろうそくブランド。「自然と共に恵みを活かさせていただいている」という姿勢を大切に、国産・天然の植物蝋を100%使用。1本1本熟練の職人たちの手によって丁寧に仕上げられています。植物を使った和ろうそくは、持続可能な素材であることはもちろんのこと、蝋涙(蝋が垂れること)や油煙、匂いがほとんどないのが特徴。ろうそくを灯すことを通して得られる安心感や、豊かな暮らしの提案を行っています。

Davids<br />(デイヴィッズ)

Davids
(デイヴィッズ)

100%天然由来原料のみでつくられたホワイトニング歯みがき粉ブランド。ブラッシングにより「歯を白くする・歯垢を除去する・歯石の沈着を防ぐ・口臭を防ぐ」効果が期待できる。

DEDICATED.<br />(デディケイテッド)

DEDICATED.
(デディケイテッド)

2006年にスタートした北欧スウェーデンのサステナブルファッションブランド。JPラインはその日本企画として2021年春夏シーズンよりスタート。「DEDICATED」とは、英語で「~に身を捧げた、専門の」を意味し、これはこの地球、そして地域の産業の持続可能性に身を捧げて注力するという誓いを表している。原料を育てる人から、生地を縫い合わせる人、またそれらの工場や農場がある地域の周辺の環境も汚さないこと。すべての人たちに公平であること、責任を持つことを目指す。

DULTON<br />(ダルトン)

DULTON
(ダルトン)

インテリア雑貨メーカー、ダルトン。 「便利ではないかもしれないが、心に豊かさを感じさせる物を創っていこう」そんな思いから生まれたオリジナルの家具や、キッチンアイテム、ガーデンツールなど幅広いインテリアを取り揃えています。

EARTH FRIENDLY<br>(アースフレンドリー)

EARTH FRIENDLY
(アースフレンドリー)

“Social-Good in your daily life”のコンセプトのもと、地球にも人にも優しいサステナブルなアイテムを取り扱うセレクトショップ。Earth friendlyな商品をときめきと共にユーザーへ届けられるよう、アイテムひとつひとつの製作や選定過程にこだわっています。

EKOBO<br />(エコボ)

EKOBO
(エコボ)

人と地球との関わり方を改善することに長年取り組んできた。EKOBO創設者のMrs.BooとMr.Brunoの子ども達がまだ小さい頃、人や動物の健康に様々な悪影響を及ぼす物質「ビスフェノールA(BPA)」が使用されていない食器を探すのに苦労したことを機に、子ども達が安心して使えるものを作りたいという想いから「キッズセット」を企画。「キッズセット」は、竹繊維を使用して作られているので、誰でも安心して使える商品になっている。

ELEMINIST LIMITED EDITION

ELEMINIST LIMITED EDITION

ELEMINIST SHOPのみでお取り扱いしているコラボレーションやオリジナルアイテム、限定アイテム、エシカルギフトを贈れるE-GIFT CARDなどをご紹介。

Emotionally Market<br />(エモーショナリー マーケット)

Emotionally Market
(エモーショナリー マーケット)

ライフスタイルを大切にする人のための心潤うマーケット。主に発展途上国とのフェアトレード商品に軸を置きながら、世界中から集めた未来も潤う素敵な商品をお届けします。子供達の暮らす未来が美しいものであることを願って。エシカルなショッピングを日常に。

en・nichi<br />(エンニチ)

en・nichi
(エンニチ)

「何気ない日常を、特別な縁日に」。京屋染物店の職人たちが伝統的な技術を取り入れながらていねいに、ひとつひとつ手づくりした商品を取り扱っているブランド。伝統・文化を守りながらも、現代の生活に馴染む「くらしを楽しむ」ための道具を作っている。

en・nichi × ELEMINIST<br/>(エン・ニチ × エレミニスト)

en・nichi × ELEMINIST
(エン・ニチ × エレミニスト)

「何気ない日常を、特別な縁日に」。京屋染物店の職人たちが伝統的な技術を取り入れながらていねいに、ひとつひとつ手づくりした商品を取り扱っているブランド「en・nichi(エンニチ)」のエレミニスト限定アイテム。

enkara<br />(エンカラ)

enkara
(エンカラ)

今までの犬と暮らす当たり前や固定概念にとらわれず、新しい情報や価値観を知ることで気づきを得るために様々な情報発信や活動をしています。 最終目標として掲げるのは「循環する社会の仕組みを創ること」。ミッションとして、“犬を知る“をアップデートし、より豊かな関わりで犬と人が本質的に繋がり、共に生きる姿を提案。循環サイクルの中でその未来を創造し実現できることを強く願いビジネスを営む社会を目指しています。

FAD<br />(ファッド)

FAD
(ファッド)

デイリーユースするものだからこそ、シンプルでオシャレ、機能性が高いものを求めるオーナーとそのファミリーに向けたブランド。

Fair+Square<br />(フェアスクエア)

Fair+Square
(フェアスクエア)

ブランドオーナーのCarlyは、自然の中には素晴らしい成分が豊富にあることに気づき、天然成分でせっけんを作ることをスタート。彼女が作る、ナチュラルな成分やクレイをふんだんに使ったプレミアムなせっけんは、ニュージーランドのノースランド東海岸に位置するスタジオで、手作業によって作られています。

FOOD LOSS BANK<br/>(フードロスバンク)

FOOD LOSS BANK
(フードロスバンク)

株式会社FOOD LOSS BANK は、多くの人を繋げることにより、食品ロス削減から始まる環境改善を目指し、二人の女性起業家、山田早輝子と杉山絵美によって2020年9月に設立されました。発足一年未満で国内外の大手企業とのコラボレーションや、比叡山延暦寺のカフェと精進料理のプロデュースなど、フードロス削減の為の意外性のある企画を実施。また、フードロスバンクプロデュースのロス食材を用いた食品や、その他SDGs の観点から制作した製品を販売を行なっています。

FREAK<br/>(フリーク)

FREAK
(フリーク)

ファッションブランドFREAK'S STOREを運営する、株式会社デイトナインターナショナルのオウンドメディア「FREAK」。様々なカルチャーを独自の目線で切り取り、企画・発信しています。地域との共創にも力を入れており、信州においてはカルチャーとしての「ジビエ」に焦点を当てた、フリーペーパーの発刊や、ジビエ料理の提供・制作なども地元飲食店と共に手がけています。  

GOOD NATURE MARKET<br />(グッドネイチャーマーケット)

GOOD NATURE MARKET
(グッドネイチャーマーケット)

自然を感じる本当のおいしさを手軽に、もっと豊かに楽しむために。「おいしくて、うれしくて、やさしい」をテーマに、自然と歩むこれからの豊かな食を届けるブランド。カカオのアップサイクルをはじめとする、豊かな食の未来を京都から発信しています。

GOOD4LIFE36CAFE<br/>(グッドフォーライフ サンロクカフェ)

GOOD4LIFE36CAFE
(グッドフォーライフ サンロクカフェ)

石川県金沢市にあるコーヒースタンド。自家焙煎コーヒーや芸術的なラテアートとともに素材にとことんこだわったヴィーガンスイーツを手作りしています。スイーツに使われる素材には、地元石川県の有機素材・有機小麦・フェアトレードのビターチョコレートや甘酒を使用おり、子どもから大人まで、みんなで楽しめるスイーツを届けています。

GUPPYFRIEND<br />(グッピーフレンド)

GUPPYFRIEND
(グッピーフレンド)

海洋生物学者と環境活動家が見せてくれた研究結果では、衣類を洗濯する度に細かく砕けたマイクロプラスチックが、川、湖、そして海へと流れ汚染しているという事実だった。その解決策にと、研究を重ねて誕生したのがGUPPYFRIEND。洗濯する度に海に流れ出ていたマイクロプラスチックを可視化できる洗濯ネットを開発し、人びとがこの問題に直面し、そして会話する。GUPPYFRIENDは海洋汚染問題に対する人びとの意識が変わる第1歩になると信じている。売上の一部は非営利団体のSTOP!Micro Wasteに寄付し、海洋汚染問題の解決に取り組んでいる。

Herbivore Botanicals<br />(ハービヴォア ボタニカルズ)

Herbivore Botanicals
(ハービヴォア ボタニカルズ)

2011年にJulia WillsとAlexander Kummerowによってアメリカ・シアトルの自宅キッチンでスタート。Juliaは、幼い頃からデイスパを経営する母の元で育った後、代替医療で有名なバスチーユ大学で自然医療を学ぶ。Alexは、デザインアートを得意としHerbivore Botanicals(ハービヴォア ボタニカルズ)のすべてのパッケージをデザインしている。この2人のパートナーシップにより、見た目も中身もパーフェクトなプロダクトが一つ一つ大切に作られている。材料には、オーガニック栽培された植物に加え、厳選した天然素材のみを使用。地球が生み出す上質なビタミンやミネラルの力により健康でいきいきとした肌を取り戻してくれる。全ての製品づくりの過程で動物実験は行っておらず、全ての製品はヴィーガン対応となっている。

HYDROPHIL<br />(ハイドロフィル)

HYDROPHIL
(ハイドロフィル)

ドイツの歯ブラシを始めとしたオーラルケアブランド。プラスチックゴミを減らし環境を守るというミッションのため、使う素材や塗料に徹底的にこだわって商品を作っています。環境に対する徹底した姿勢とポップなデザインで、ドイツ国内だけでなく世界中で愛用され始めています。

IF YOU CARE<br>(イフユーケア)

IF YOU CARE
(イフユーケア)

1990年、当時唯一の無漂白コーヒーフィルターの発売からスタートした、「環境に優しく同時に機能的であること」をポリシーとする生活雑貨のブランド。イフユーケアの製品は、使用後の廃棄過程における廃棄物の量を減らすことを念頭に置いて開発され、国内外の第三者認証機関による認定および認証のもと、持続・再生産可能でエシカルな資源調達や、環境に配慮した製造方法によって生産されています。現在では、北アメリカ、中東、ヨーロッパ、北欧など20か国以上で展開されているブランドです。

IKEUCHI ORGANIC<br/>(イケウチオーガニック)

IKEUCHI ORGANIC
(イケウチオーガニック)

IKEUCHI ORGANICは、最大限の安全と最小限の環境負荷でテキスタイルをつくるトータルオーガニックライフスタイルカンパニーです。自然の豊かさと安心をファブリック商品にしていくために、全製造工程における安全性と環境性を第三者機関の評価基準に基づいて実証。原材料には、畑だけでなく紡績工場と生産者の労働環境までを審査対象とするbioRe PROJECTの管理下で生産されたオーガニックコットンを使用。染色加工には世界最高水準の浄化施設を採用し、その全工程を風力発電によるグリーンエネルギーでまかなっています。  完成した最終製品は、テキスタイルの安全性に関する世界基準エコテックス規格100の中で最も基準の厳しいクラス1をクリア。社会の組織をも織物(Fabric)と見立て、Life Fabric-豊かな生活のファブリックを提案し、より自然にピュアになっていく未来を目指しています。

ILEX STUDIO<br />(アイレックススタジオ)

ILEX STUDIO
(アイレックススタジオ)

「Let's grow more trees!」をスローガンに、自然とデザインの美しさを強調するプロダクトを制作する、2018年設立のデザインスタジオ。デザインを通して、個人が植物や木を植え、育てることを奨励していくとともに、気候変動や森林再生への取り組みに貢献していくことを使命としています。

indosole<br/>(インドソール)

indosole
(インドソール)

バリ島発の廃タイヤを再利用したフットウェアカンパニー。世界中で毎年1.5億が捨てられていると言われるタイヤ。廃タイヤに対する規制が無い国々では、コスト削減のため埋め立てや不法投棄による環境汚染が問題となり、熱帯諸国では、山積みにされた廃タイヤが蚊の繁殖地となってマラリアやデング熱の引き金にもなっています。そのような現状の中、廃タイヤをソールに変える技術を独自開発。タイヤを微粉に粉砕し、リサイクルゴムに再構築しています。昨日の廃棄物は今日の資源に。

JUNKAN

JUNKAN

この本に出てくるのは「循環する暮らし」を楽しんでいる人たち 大量生産・大量消費・大量廃棄という経済のあり方が見直されており、いま、資源を循環させるサーキュラーエコノミーへの転換が求められています。日本でもリデュース・リユース・リサイクル・リフューズ・リペアを大切にする「5R」の考えが浸透し始めていますが、ヨーロッパほどエシカルでサステナブルな暮らしは根づいていません。 本書は、そうした状況をいち早く認識し、日常生活のなかで実践できることを模索している10人を取材。全ページほぼインタビューで構成されています。

KBT - Kombucha Brewery Tokyo-<br/>(ケービーティー コンブチャブルワリートーキョー)

KBT - Kombucha Brewery Tokyo-
(ケービーティー コンブチャブルワリートーキョー)

東京・渋谷発のクラフトコンブチャブランド。代表を務めるのは現役編集者でもある藪内加奈氏。コロナ以前は海外出張も多かったという彼女は、ハードな出張中の体調管理のため、現地のスーパーやスタンドで購入したコンブチャを毎朝サプリのよう飲んでいました。しかし、海外に行けなくなるという未曾有の状況がきっかけで、日本でも「コンブチャが飲みたい!」と思い立ち自宅でのコンブチャ作りをスタート。現在は渋谷の小さな一軒家で、なるべく顔が見える生産者から仕入れた原材料を使い、手作りでコンブチャを醸造しています。気が向いた時に飲むものではなく、常に冷蔵庫にあるものにしてほしい、という思いから、ボトルは大きめの720mlに。生活習慣の一つとして、「毎朝一杯<KBT>のクラフトコンブチャを飲む」ことを提案しています。

KeepCup<br />(キープカップ)

KeepCup
(キープカップ)

再利用可能なコーヒーカップを製造するオーストラリアの会社。2007年、Abigail ForsythとJamie Forsythによって設立され、使い捨てコーヒーカップのない世界を目指しています。

KeepCup x ELEMINIST<br />(キープカップ × エレミニスト)

KeepCup x ELEMINIST
(キープカップ × エレミニスト)

再利用可能なコーヒーカップを製造するオーストラリアの会社。2007年、Abigail ForsythとJamie Forsythによって設立され、使い捨てコーヒーカップのない世界を目指しています。  

Kent & Stowe<br />(ケント&ストー)

Kent & Stowe
(ケント&ストー)

1800年代のデザインと図面に基づき、英国の専門家によって設計されたガーデンツールブランド。天然素材で作られた細部は美しく手作りされ、耐久性に優れています。伝統的なデザインで丁寧に作られたツールは、世界各国のガーデナーを魅了し続けています。

Kia Ora Organics<br/>(キアオラオーガニクス)

Kia Ora Organics
(キアオラオーガニクス)

世界中で親しまれている飲み物をよりヘルシーに味わってもらうため、オーガニック素材で、着色料や保存料を一切使用しない製品づくりにこだわるニュージーランドのドリンクブランド。 コーラの原材料となるコーラナッツは、適正価格で買い取り(フェアトレード)、現地の戦後の再建に寄与しています。「できるだけ天然のものを選択し、貧しい国の人を支援すれば、結果として自分たちの健康ばかりでなく生活も豊かになる」と信じ、「What Goes Around Comes Around(因果応報)」の理念を大切にしています。

kirei water<br/>(キレイウォーター)

kirei water
(キレイウォーター)

水からうまれた消臭&除菌スプレーブランド。天然由来成分100%で、塩素・アルコール・合成界面活性剤フリー。スプレーするだけでさまざまなものを強力消臭&強力除菌し、いつでもキレイが叶います。医療現場で活用されてきた技術を応用し、第三者機関による効果実証データを取得。成分のやさしさと効果を追求しています。

KoKeBee<br />(コケビー)

KoKeBee
(コケビー)

オーストラリアにある海辺の町、シドニーから「“わたしがつくる”小さな循環で、明日の地球を HAPPY に!」をキャッチフレーズに、環境に負担をかけずに暮らすための様々なアイテムを取り扱っています。日々の生活の一部をほんの少し変えて、土・植物・動物・人、全てがお互いに尊重しあい、命がめぐりつながる世界を目指しているブランド。エコ大国であるオーストラリアから世界へ向けて、よりオーガニックで安心できる暮らしづくりの手伝いができるようにと活動しています。

KUSU HANDMADE × ELEMINIST<br />(クスハンドメイド × エレミニスト)

KUSU HANDMADE × ELEMINIST
(クスハンドメイド × エレミニスト)

古くから"虫よけの木"として知られている「楠」。葉や枝から抽出した天然の「カンフル(樟脳)」は、強い防虫効果と消臭効果、そして香りには、リラックス効果もあるといわれています。『KUSU HANDMADE』では、佐賀、熊本などの九州産の楠のみを使用。いつでも大切な服が着られるように、いつも元気でいられるように、暮らしに楠の力を届けます。

LA CHATON<br />(ラシャトン)

LA CHATON
(ラシャトン)

ラシャトンは、長年にわたる猫との暮らしから生まれた「ネコ(幸せ)のおすそわけ」活動をするためのブランド。猫は、不思議な癒しの魔法をつかって人に幸せを届けてくれる。猫に感謝の気持ちと共に「猫=幸せの象徴」という考えのもと、幸せのバトンをたくさんの人につなぐための活動をしていこうと考えている。

LastObject<br/>(ラストオブジェクト)

LastObject
(ラストオブジェクト)

デンマーク王立美術院出身のデザイナーであるNicalas Isabel兄妹とKåreの3 人が、身の回りのシングルユース製品を使い捨てる毎日に疑問を感じ、使い捨ての習慣をポジティブなものへ変えるため、2018年にブランドを設立しました。LastObjectの製品は数百回、数千回と繰り返し使用ができる耐久性があり、お手入れや保管も簡単なので、毎日の生活に取り入やすのが特徴です。使い易くデザイン性にも優れた持続可能な製品を作り出すことで、世界から使い捨て製品をなくすことを目指します。

LE CHENE & LE ROSEAU <br />(ル・シェンヌ・エ・ル・ロゾー)

LE CHENE & LE ROSEAU
(ル・シェンヌ・エ・ル・ロゾー)

ル・シェンヌ・エ・ル・ロゾーは南仏ニースのほど近く、サンローラン=デュ=ヴァールという都市で生まれた自然派ホームケアブランド。 未来の世代にとってより良い世界を創造することを使命に、清潔で健康的な家庭へと導くエコロジカルな製品の開発と製造を推進しています。 すべての製品は天然素材にこだわり、お肌と環境にやさしいエコサートナチュラル認証を取得しています。また、売り上げの1%は、貧しい人々を支援するL'agence du Don en Nature(ラジャンス・デュ・ドン・エン・ナチュール)に寄付されます。

Lefts,<br />(レフツ)

Lefts,
(レフツ)

全国の産地直送の青果を毎日自分たちで絞り出し、低音圧搾でじっくり絞って水分だけをジュースにしています。そこで絞ったあとのしぼりカスの繊維質・栄養は堆肥にし、色素を何かに使えないだろうか、サンシャインジュースが日々考え取り組んでいるストーリーをジュース以外のメディアにトランスフォームさせています。

LEMONAID <br/>(レモンエイド)

LEMONAID
(レモンエイド)

「ホームメイドレシピよりおいしい」がモットーの、しっかり甘くてフルーティな味わいが楽しめるレモンエイド社のサステナブルドリンクブランド。原材料は、姉妹ブランド「ChariTea」同様、すべてオーガニック・フェアトレードの農場でつくられたものを使用し、 パッケージはリサイクル&アップサイクルが可能なガラスボトルを起用。1本あたり約7円は「LEMONAID&ChariTea財団」に還元され、開発途上国・その他サステナブルな社会的活動に寄付される、地球にもカラダにもやさしいサステナブルなドリンク。

LEPAUSE<br />(ルポウズ)

LEPAUSE
(ルポウズ)

時代の流行とともにファッションを楽しんできた、新たな価値観を見つめなおすすべての人たちのために、ヴィンテージのファッションアイテムを販売するオンラインコンセプトストア。様々な国の伝統・技術・想いに裏打ちさた、高品質なアイテムは、普遍的な価値以上のものを備え、長く愛され続け人から人へと受け継がれていきます。LEPAUSEは、これらのストーリーに焦点を当て、時を経ても色褪せない、いつまでも使い手に寄り添うアイテムを提案します。

LFCコンポスト

LFCコンポスト

20年間におよぶコンポストの普及活動を経て生まれた。日々の暮らしと土の改善をつなげること。忙しい人でも参加できること。小さな単位での食の循環であること。この3つの解決策がコンポストだ。台所から参加できる持続可能な未来へのお手伝いをサポートすることを使命に、LFCコンポストは活動している。  

LOVEG<br>(ラベジ)

LOVEG
(ラベジ)

LOVE(ラベジ)は、プラントベースカフェ「ORGANIC TABLE BY LAPAZ」がプロデュースする、ヴィーガンで無添加の大豆ミートブランドです。「LOVE+VEGETABLE = LOVEG(ラベジ) 」で、大切な家族との食事時間から地球を想う事ができる美味しい、嬉しい食卓革命を。

LUCHE<br />(ルーチェ)

LUCHE
(ルーチェ)

日本国内で室内栽培キットを展開する株式会社SCHWINSENは、今までデザイン性の乏しかった植物栽培ライトのデザインを一掃した植物栽培ライト「 LUCHE」を開発した。日当たりの悪い環境でも植物を育てたい。デスクに緑が欲しい。栽培ライトは大きいし、インテリアとしては使いずらい。そのようなお客様の願いを実現する為、研究と改良を重ねて製作している。

made of Organics<br/>(メイド オブ オーガニクス)

made of Organics
(メイド オブ オーガニクス)

「大切な”かぞく”に、だいじょうぶだよと手渡せる商品をつくりたい」。そんな想いから誕生したオーガニックのケアグッズブランド。毎日オーガニックをつかって欲しいという考えのもと、「高い品質と使いごこち」「効果を追究したプロダクト」「手に取りやすい価格」にこだわったデイリーユースアイテムを展開しています。

MAGIP<br />(マジップ)

MAGIP
(マジップ)

「モノづくり&コトづくり&ヒトづくり」で社会に貢献することを企業理念としているブランド。オシャレに格好良く、マジップで日本を美しい国にしようと考え活動している。

manucurist <br/>(マニキュリスト)

manucurist
(マニキュリスト)

manucurist(マニキュリスト)は、世界中の女性のために安全な製品を提供する事を心掛けているグリーンビューティーブランド。ヴィーガンでクルエルティフリーなマニキュア関連製品の販売を通じて、お客様を笑顔にしハッピーにする事をミッションにしている。

memobottle<br />(メモボトル)

memobottle
(メモボトル)

繰り返し使えるノート型エコボトル memobottleはどんなカバンにも収まります memobottle™は、他のボトルが収まらない場所にも納まるように設計された繰り返し使えるノート型エコボトル。コンピューター、本、貴重品と一緒にバッグに入れて持ち歩けます。また、memobottle™は水と衛生設備の普及に努める世界的な非営利団体Water.orgをサポートしています。あなたのmemobottleも、どこかで水に困る誰かに、安全な水を提供する一助となっています。

MiiR × ELEMINIST<br/>(ミアー × エレミニスト)

MiiR × ELEMINIST
(ミアー × エレミニスト)

2010年、起業家のブライン・ペパによって「Product to Project(製品そのもをプロジェクト化すること)」のパイオニアになることを目的に立ち上げられたブランド。MiiR製品は、最小限、持続可能、機能的、永続的という4つの観点に重点を置いて設計されています。そして、売上の一部を世界中の非利益団体に寄付する社会貢献型ビジネスモデル「Giving Project」を構築し、購入することで環境支援ができるプロダクトの製造・販売行っています。また、寄付先のプロジェクトの進行状況や結果は、GPS情報や写真を通じて、購入者に随時報告されます。産業活動等で発生した二酸化炭素削減を目指す世界的なプロジェクト「クライメイト・ニュートラル」の認証を取得しており、ビジネスを通じて社会に貢献し続けるブランドです。

MINIMUM DESIGN<br />(ミニマムデザイン)

MINIMUM DESIGN
(ミニマムデザイン)

2017年にスタートした、フランスのデザインスタジオ。「持続可能な素材と技術を用いて、他にはないモダンでユニークな作品」を作ること目的に、サステナブルな素材を用いて3Dプリンティングによって制作を行う。ミニマルなデザインとナチュラルなカラーが特徴的なプロダクトはすべて受注生産されており、製造過程においても廃棄物を最小限に抑える方法を採用している。

MiYO Organic<br />(ミヨオーガニック)

MiYO Organic
(ミヨオーガニック)

出張先のホテルの1本のアメニティ歯ブラシが全ての始まりだった。たった1回使っただけで捨てられてしまうという事実に改めてそれに気づいた時、衝撃を受けた。世界中で、1日で何本の歯ブラシがゴミになっているのだろうか。価値観が多様化している中で唯一変わらないこと、それは私たちはこの地球に住む地球人だということ。みんながそれを意識すれば、世界は大きく変わると思う。日常にも非日常にも、そこにサステイナブルで心地よい選択肢があるのが当たり前の社会。そんな世界を目指して、私たちはこのブランドを立ち上げた。1人の選択がたくさん集まって世界を変えると、私たちは信じている。

MOCK things by hand<br />(モック シングス バイ ハンド)

MOCK things by hand
(モック シングス バイ ハンド)

日本のインテリアペットブランド。家族である猫との日々の生活のなかで、お気に入りの家具のように大切に長く愛着を持ってもらえるよう、ディテールとデザインにこだわり、素材と手仕事での丁寧なモノづくりをしています。また、プロダクトに使用する紙素材は100%リサイクル可能な材料を使用。製造工程で発生する端材もリサイクルを行い、環境に配慮したものづくりを行なっています。そして猫のしあわせと命への取り組みとして、売り上げの一部を、猫や地域の為の活動や、動物の命に対してブランドが賛同する活動を行っている行政や団体、個人へ寄付しています。

MyRAMEN<br />(マイラーメン)

MyRAMEN
(マイラーメン)

「世界中の誰もが安心して食べられる美味しいラーメンづくり」を掲げるフードブランド。今や世界的に食べられているラーメンですが、健康やポリシーなどの理由からラーメンを食べることができない人も少なくありません。お湯さえ注げば世界中のどこにいても日本のラーメンが食べられるよう、動物性成分・化学調味料をしようしない製品開発に取り組んでいます。プラスチックの削減などにも取り組み、環境に配慮したパッケージ作りを目指しています。

NEMOHAMO<br />(ネモハモ)

NEMOHAMO
(ネモハモ)

根も、葉も、植物の力をまるごと配合した、素肌が目覚める全く新しいオーガニックコスメブランド。コスメを通じたSDGs(持続可能な開発目標)の理念およびターゲットへの貢献や、商品に込めた想い・ストーリーなどを総合的に評価するサステナブルコスメアワードにて「最優秀賞」「審査員賞」「SDGs賞」を受賞。製品自体の効果はもちろん、「すべての人と自然環境に配慮し、美しい地球を守りながら、未来の世代もずっと生活し続けていける社会」に寄与するコスメとして、高く評価されています。

NODOKA<br />(ノドカ)

NODOKA
(ノドカ)

ニューヨーク・ブルックリンで創設された、オーガニック日本茶パウダー専門ブランド。国内で3%しか認められていない有機認証を受けている非常に希少な茶葉を使用している。NODOKAは東京で生まれ育った洪 秀日(ホン スイル)の「本物の日本茶を海外へ伝えたい」という想いから生まれた。現代の感覚で、日本の茶農家が丹精込めて作った日本茶のお茶の新しい魅力・楽しみ方を日本でも広めていく。

NOOSA BASICS<br />(ヌーサ・ベーシックス)

NOOSA BASICS
(ヌーサ・ベーシックス)

オーストラリア東海岸にあるヌーサという小さな町でオーガニックのパーソナルケアプロダクトを製造しています。すべての製品は、ヴィ―ガン、パームオイルフリー、クルエルティフリーの認定を受けており、添加物・増粘剤は一切使用していません。また、可能な限りプラスチック不使用パッケージを提供し、海洋浄化活動を積極的にサポートしています。

Northern Light<br />(ノーザンライト)

Northern Light
(ノーザンライト)

Northern Light(ノーザンライト)は、100%オーストラリア製の蜜蝋を使用した、全て手作りのキャンドルを作成しています。蜜蝋のみで作られたキャンドルは人体と地球環境の双方に優しく、その生産工程のひとつひとつがサステナブルなブランドです。

Öffen<br />(オッフェン)

Öffen
(オッフェン)

シンプルに美しく生きる女性の方々に向けたブランド。Öffen(オッフェン)は、ドイツ語で「開放的な」「オープン」という意味。環境に配慮したリサイクル素材をできる限り使用した靴は、履き心地が抜群に良いと評判です。通販は簡易梱包でお届けするなど、サステナブルな未来に貢献しています。

Pela Case<br />(ペラケース)

Pela Case
(ペラケース)

Pela Case(ペラケース)は、世界で初めて100%土に還るスマホケース(デジタルケース)やスマートウォッチベルトなど発売したカナダのブランド。製品は「iPhone」「Apple Watch」などに対応しています。独自開発した「Flaxstic™」は、亜麻のわらを植物由来のバイオポリマーに組み込み、堆肥化可能なバイオプラスチックのエラストマー(弾力ゴム)とフラックス(亜麻)から構成されていて、土に埋めれば自然に還り、100%堆肥化可能です。

Peligro<br />(ペリグロ)

Peligro
(ペリグロ)

季節ごとの気候や空気の質感、旬の食材などの移り変わりを日々感じる一方で「ドリンクの味は、なぜ 1 年を通じて変わらないことが前提なのか?」という疑問からスタートしたブランド。時期による味や表情の違いを楽しむことが出来る「画一的」ではない、少しだけ「peligro」(スペイン語で危険)なジンジャーシロップ。日本の生姜発祥の地と言われる「高知県いの町」の生姜そのままの風味を生かし、小ロットな手づくり製法にこだわっている。

People Tree<br>(ピープル ツリー)

People Tree
(ピープル ツリー)

フェアトレードカンパニー株式会社のフェアトレード専門ブランド。エシカルで地球環境にやさしく、サステナブルな商品を約30年に渡ってつくり続けている。できるだけその地方で採れる自然素材を用いることや、CO2の排出量が少ない手仕事での生産を大切にすることで、可能な限り人と地球に配慮して商品開発・生産・販売を行う。また、世界フェアトレード連盟(WFTO)の認証を受けており、WFTOが定める「フェアトレードの10の指針」を遵守した活動を行っている。

PLAGLA(プラグラ)

PLAGLA(プラグラ)

使用済みペットボトルからメガネを生み出す、日本のアイウェアブランド。サーファーでもある設立者の柾木要介さんは、サーフショップに勤めながらビーチクリーン活動をする中で、一瞬で使い捨てられてしまうペットボトルを、長く使えるアイウェアへアップサイクルすることを考えPLAGLAが誕生しました。 製造はメガネの一大産地である福井県鯖江市。環境への配慮はメガネ本体だけでなく付属品のひとつひとつにまで至り、少しでも長く愛用してもらうために着け心地など細部にまでこだわっています。また、売上の一部は公益財団法人「海の羽根募金」に寄付され、全国の海岸清掃や保全活動の費用となっています。

rik skog × ELEMINIST

rik skog × ELEMINIST

「豊かさとは、サステナブルとは何だろう?」と考えながら、ものづくりの会社ならではのエシカルな製品を提案するブランド。廃棄やごみ問題、海洋プラスチック問題などの原因を学び、2030年のSDGs目標達成の為にも製品企画を通して課題に取り組みたいを考えている。

RIVERET<br />(リヴェレット)

RIVERET
(リヴェレット)

素材である孟宗竹は、最小限の土地で繰り返し利用可能な天然資源であり、環境問題の一因である森林伐採を抑制する有効な資源活用法のひとつ。「riveret」は、細流・せせらぎ(little stream)を意味する「rivuret」の語源に当たる Old French(古期フランス語)。おだやかに流れゆくせせらぎのような、繊細でしなやかなデザイン、自然が生み出す天然素材の模様。絶えず不変でありながら、常に新しい水が流れ続ける川のように、変わらぬ本質と革新を続けるブランドでありたい。という意味合いを込めている。

ROOP<br />(ループ)

ROOP
(ループ)

ペット用品をはじめ、ステーショナリーやキッチン小物などの雑貨の輸入・販売を行うブランド。世界に優れたアイデアとデザインを求め、一人でも多くの方に「新しい価値」をお届けすることをミッションとしています。

Seljak Brand<br />(セルジャック ブランド)

Seljak Brand
(セルジャック ブランド)

サム・セルジャックとカリーナ・セルジャック姉妹によるオーストラリアの先進的なテキスタイルブランド。グローバルファッション業界や小さなビジネスでコツコツと積みあげてきた豊富な経験と、イノベーティブに持続可能な社会を構築することへの情熱、そして良質なデザインを見る目が合わさって、家の一室で始まったプロジェクトはオーストラリアのエシカル業界を先導するビジネスへと成長しました。

SIMPLE LIVING ECO<br/>(シンプル・リビング・エコ)

SIMPLE LIVING ECO
(シンプル・リビング・エコ)

安全で環境に配慮されたアイテムを提供する、英国生まれの家庭用品ブランド。SIMPLE LIVING ECOの洗剤類は敏感肌の人が使用することを想定して開発されており、化学物質を一切使用せずに作られています。事業を通じて「サステナブルな生活をすべての人が利用できるようにすること」を目指しています。

stasher<br />(スタッシャー)

stasher
(スタッシャー)

アメリカ・カリフォルニア州発、洗って繰り返し使える保存容器・シリコーンバッグのスタッシャー(stasher)。サイズ展開、色展開も豊富で、用途に合わせて選んでいただけます。   創設者は元アスリートのキャット・ノーリ。栄養士の娘として育ち、食品を買う際は成分表示を確認し、食材は常に新鮮で健康に良いものを選んでいた彼女は、子どもができたのをきっかけに、食品を保存する容器に対しても疑問を持つように。プラスチックを熱した際に溶け出すBPA(ビスフェノールA)などの危険な化学物質やガスについても学び、プラスチックについて"取りくむべき課題"と思して挑むうちに、生まれたブランドです。

stojo<br />(ストージョ)

stojo
(ストージョ)

ストージョ(stojo)は、2014年にニューヨークで立ち上げられたブランド。ブランド創設者のジュリアンは、ニューヨークに引っ越した際に、大量に捨てられているコーヒーカップのゴミの山を見て、「自分の子供達に誇れる何かをしたい! 水が奇麗で、空気が美味しくて、ごみが落ちていない道路があった時代を取り戻したい!」と思い、コンパクトに折り畳めて何度でも使用できるコーヒーカップを思いつきました。ELEMINIST 限定のカップも展開しています。

takes.<br />(テイクス)

takes.
(テイクス)

「竹を使った素材で人々を健康に」という思いから生まれたブランド。土に還るものづくりを目指し、素材は全アイテムに使用している100%竹からできたTAKEFU(竹布)をはじめ、オーガニックの天然素材のみを選択しています。糸の開発から製造、輸送、販売まで、Tシャツに関わるすべての行程でプラスチックをなるべく使わず、Tシャツがその役目を終えた時に土に還るよう縫い糸にはオーガニックコットンを使うなど、人の健康と地球環境のためにできることを、考え続けています。

THE HUMBLE CO.<br />(ザ ハンブルコー)

THE HUMBLE CO.
(ザ ハンブルコー)

2013年に設立されたTHE HUMBLE CO.(ザ ハンブルコー) は、スウェーデンを拠点と活動しているブランド。歯科医の指導と監督の下で考案、設計、製造された製品は、世界中の何千もの店舗や歯科医院で取り扱われています。デザインや製造方法、さらにはヒューミニティまでにおける分野で、世界中の人々の笑顔を守るためにパーソナルケアに対する小さな革命を起こす活動をリードしています。

The Tea Company<br />(ザ ティー カンパニー)

The Tea Company
(ザ ティー カンパニー)

今までにない日本茶を発信するティーブランドです。The Tea Companyが提供するボトルティーは、自ら生産農家のもとへ足を運び厳選した国産の無農薬栽培茶葉を使用。日本人にとってかけがえのない文化遺産であるお茶の魅力を広め次世代につなげること、そして生産者の想いを届けることを使命として、放棄茶園を再利用した日本初の発酵茶専用茶園の再生プロジェクトも行なっています。生産農家と密接に関わりながら、新たな日本のお茶の創出に力を注いるブランドです。

This is<br/>(ディス イズ)

This is
(ディス イズ)

千葉県九十九里発のライフスタイルブランド。サーファーでもあるデザイナー自身が、サーフィンを通して環境が破壊されている事を強く感じたことをきっかけにこのブランドを立ち上げました。This isの商品は「地球に寄り添ったモノづくりとは?」「デザインで何が出来るのか?」ということ事を考えながら創られています。また、「当たり前にある“もの”の持つ価値やストーリーに改めて目を向けほしい。」という思いのもと、アップサイクルプロダクトの提案や、リペアシステムを構築に力を注いでいます。

TRANSPARENT<br />(トランスペアレント)

TRANSPARENT
(トランスペアレント)

「使い捨て文化の根絶」を目指す、ストックホルム発のオーディオ機器ブランド。TRANSPARENT(トランスペアレント)のオーディオは、モジュール化された設計により部品交換だけで修理・アップグレード・リサイクル出来るため、使い捨てることなく永続的に使用が可能。上質なサウンドとシンプルで洗練されたデザインを兼ね備えた、業界初のサステナブルなオーディオは、多くの著名アーティストを魅了すると同時に、電子機器の廃棄・買い換えにより生じる”使い捨てのサイクル”にストップをかける。

TwoTrees<br />(トゥーツリーズ)

TwoTrees
(トゥーツリーズ)

TwoTreesは、ニュージーランドの美しい大自然と人々のサステイナブルな暮らしからヒントを得たオンラインストアです。エシカル、エコフレンドリー、ゼロウェイストなアイテムを販売しています。新しい選択肢を提案することで、使い捨てや廃棄物を減らし、より持続可能な社会の実現を目指しています。

Uhuru by icura<br/>(ウフル バイ イクラ)

Uhuru by icura
(ウフル バイ イクラ)

今の地球を知るきっかけになり、新しい”自由”を届ける米粉のマフィン屋さん。動物性を一切使用しないオーガニックの発酵スイーツは1つ1つ心を込めて作られています。Uhuruとは、アフリカの言葉で”自由”という意味。”動物性素材が入ってないと美味しくない” ”物足りない”といった固定概念から解放され、Uhuruのスイーツを食べることで新しい”自由”を発見するスイーツ体験をお届けします。

ULAT<br />(ウラット)

ULAT
(ウラット)

2011年に設立したULAT。ドライヤーボールは世界で唯一、特許取得済みのウールドライヤーボールです。廃棄物を減らし、エネルギー消費を減らし、洗濯物を通じて美しく自然なライフスタイルを取り入れたい人たちのものです。社会的企業として、ULAT Dryer Ballsは、シンプルなイノベーションがどのように循環生活を推進し、ランドリールームから世界的な動きをもたらしたかの模範を示しています。

WAITING FOR THE SUN<br/>(ウェイティングフォーザサン)

WAITING FOR THE SUN
(ウェイティングフォーザサン)

2010年創立の、フランス・パリ発のアイウェアブランド。ジュリアンとアントワンという二人のデザイナーが「エコ&リサイクル」をコンセプトに始動しました。ウッド素材を用いたサングラスに始まり、現在では土に還るバイオアセテートという素材や、アレルギーフリーのβチタンなどを中心に使用したコレクションを拡大。アイウェア業界は、廃棄物が生産プロセスに関与する素材の総重量の70~80%を占めていると言われている中、デザイン性の高さと環境への配慮、その両面を叶えたものづくりを追求しています。

Waphyto<br />(ワフィト)

Waphyto
(ワフィト)

植物療法の第一人者、森田敦子氏のフィトテラピーの知見をもとに、日本初の植物バイオメソドロジーによって誕生したWaphyto。人や環境に、そして地球への優しさを優先させるため、Waphytoは「Elemental」「Environmental」「Ethical」「Empowerment」の4つのEで透明性の高いクリエイション、クリーンビューティーを定義。Waphytoと出会うすべての人に4Esを約束します。新しい日常へ、100年時代をともに歩み続ける存在でありたいと願って。

Well&B<br />(ウェルアンドビー)

Well&B
(ウェルアンドビー)

think(考え)+create(創る)+move(動く)+relax(休む)の循環を大切にした、人間として本来在るべきライフスタイルを提唱しているインナービューティーブランド。ファウンダーであるエリカ・アンギャルは、2004年から8年間、ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントとして、世界一の美女を目指すファイナリストたちに「美しくなる食生活」を指南した経歴も持つ。栄養学、薬理学、生理学など予防医学における幅広い専門知識を駆使し、“内側からより美しく、心も身体もすこやかに輝く”をテーマに、ハッピーな毎日のための食とライフスタイルを発信している。

YOLK<br />(ヨーク)

YOLK
(ヨーク)

無制限で無公害の太陽エネルギーを日常生活で利用できるようにすることを使命とし活動しているブランド。技術と創造的なデザインを組み合わせた革新的な製品を開発するだけでなく、社会的およびエネルギーの課題に対するソリューションも提供したいと考えています。

いろは出版株式会社

いろは出版株式会社

”いろは出版の雑貨や本で、毎日をワクワク楽しく過ごしてほしい”という想いを届けるため、京都でハッピーな雑貨・夢や旅の本を制作している会社。2005年~2014年の間TONARY(トナリー)として、いろは出版公式通販サイトを運営してきたIROHA shop onlineは、あなたのトナリ、「全てのお客さまにとって身近な存在になれるように。」という想いはそのままに、これからもぬくもりを感じてもらえるに活動している。

くろもじや

くろもじや

春夏秋冬 四季折々 日本には古くから、季節の移ろいを愛で味わい楽しむ文化がある。くろもじ茶も、色、香り、風味が少しずつ季節で変化します。保存料を使わず、無添加、無香料にこだわると年間通して同じ風味をお届けすることができません。くろもじ茶を通して季節の移ろいをお届けできたら、そして、愛で、味わい、楽しんでいただけたら幸いです。

さささ

さささ

毎日の暮らしでさささっと使える和晒ブランド。綿織物(小巾、広巾、ロ-ルタオル)の精練・晒加工、繊維製品の製造・加工・販売を行なっています。

しまんと百笑かんぱに

しまんと百笑かんぱに

「地域と共に」をコンセプトに、四万十に昔から伝わる食文化を活かした商品を製造・販売する地域商社。四万十の地域商社として、“いなかフェアトレード”を目指し、地域内に存在するたくさんのいいもの、おいしいものを、生産者の想いと共に国内外に発信しています。

ひらりS

ひらりS

60年以上にわたり静岡県富士宮市で紙の加工技術を蓄積してきた紙のブランド。紙の貼合(接着)やスリッター、断裁及び水分調湿の技術があります。

へちまここち

へちまここち

昔から日本人に愛用され、肌にも体にもやさしい魅力あふれるへちま。今では意外と知られていないへちまの魅力を、現代生活をおくる皆様にこそ是非知っていただきたい、使っていただきたい、そして後世に残していきたい、という生産者の思いから生まれたブランド。無農薬にこだわり40年、へちまを種から育て、栽培・収穫・加工・製造販売まで一貫した製品作りを行なっています。

みんなでみらいを

みんなでみらいを

環境破壊がこのまま続けば、人はこの地球で住めなくなるのではないか。100年先にも自然豊かな地球が存在すると誰ひとりとして確証が持てない時代。「みんなでみらいを」は普通の生活を普通にするだけでみんなで環境を取り戻し、次の世代に自然豊かな地球をつないでいくプロジェクト。つくればつくるほど環境が良くなり、使えば使うほど健康になり、流しても環境負荷をかけないだけでなく、改善するようなアイテムを提案しています。

アノニマ・スタジオ

アノニマ・スタジオ

「ごはんとくらし」をテーマに本づくりをしている出版社。風や光のささやきに耳をすまし、暮らしの中の小さな発見を大切に拾い集めています。日々ささやかなよろこびを見つける人と一緒に本を作っています。

サイコロ印

サイコロ印

作業用・防寒用各種手袋と靴下の製造・販売を行っているブランド。「まず、現場を知ること。使う方々の感想や要望を素直に受け止めること。」という創業以来変わらぬモットーを掲げ製品を作っています。

今しぼり

今しぼり

私たちが私たち自身の生活をより確かなものとして築きながら、多様化する現代社会に私たちの「経験や思い」をなにかしら発信できればと立ち上げた会社。考えや商品に共感していただける皆さんと顔の見えるお付き合いをしながら、この事業を進めてゆきたいと考えている。

創元社

創元社

1892年創業。大阪に本社を構え、カーネギーシリーズ「知の再発見」シリーズをはじめ、主に心理学、歴史学を中心に出版しています。

堤淺吉漆店

堤淺吉漆店

明治42年の創業以来、京都で漆の精製・販売をしてきたブランド。時代とともに人の価値観も変化していく中、今の日本に漆の魅力を伝えることを使命とし活動しています。漆の持つ可能性や魅力を通じて「物を大切にする気持ち」や「永く丁寧に使うことによる愛着」、「世代を超えて使い続けることによる思い入れ」といった心を育むことを目指した「うるしのいっぽ」という取り組みや、サスティナブルな天然素材である漆の新たな可能性や価値観を伝えようと「BEYOND TRADITION」プロジェクトを行うなど、新たな試みにも積極的に取り組んでいます。

山と渓谷社

山と渓谷社

1930年創業。月刊誌『山と溪谷』を中心に、国内外で山岳・自然科学・アウトドア等の分野で出版活動を行っています。さらに、自然、環境、ライフスタイル、健康の分野で多くの出版物を展開しています。

山川出版社

山川出版社

昭和23(1948)年、東京大学史学会の機関誌「史学雑誌」を出版する会社として始まりました。主に社会科教科書や学習参考書を発行。会社設立当初から「人文科学の分野から文化の発展に貢献する」を理念として活動しています。

斗々屋

斗々屋

小売店や事業を行ったことがなく量り売りを開業したいと言う多くの問い合わせに応えるために、「ゼロから始めるゼロウェイストショップ」開業講座を開始。暮らしに直接かかわる場所で「 ”限りある地球の環境資源” と ”限りない経済発展” の両立」と「世界が理想とする持続可能な暮らしの実現」を目指し、地球一個分の暮らしにつながるライフスタイルを絶え間なく追求し提案しています。

時雨出版

時雨出版

2018年設立に設立された、一般書店での書籍販売を行わない出版社。委託制度による返本で、毎年書店に並ぶ雑誌や本の30〜40%が断裁されている現状を変えるため、読みたい人の手に直接本が届く通販を中心に販売を行っています。時雨(しぐれ)には、「ほどよいときに降る雨」という意味があり、ほどよい雨が、草木の生長を助けるように、雨が土にゆっくりと浸み込んで、命を躍動させるように、読む人の心が動く本づくりを目指しています。

東京ファインフーズ株式会社

東京ファインフーズ株式会社

「ミートフリーマンデーオールジャパン」監修のもと、世界初のヴィーガン対応防災食品「Vエイドパン」を開発・製造。地球環境や災害時環境への負荷を減らすため、新しい包装容器の開発・採用に積極的に取り組んでいます。また、「Vエイドパン」の収益の10%がチャリティに寄付され、環境保全や社会的弱者支援に充てられています。

東京書籍

東京書籍

1909(明治42)年の創業の、日本の教育の根幹である「教科書」を作成し続けてきた教科書会社。「教育と文化を通じて人づくり」の企業理念に、デジタル教科書・辞典・一般書籍・学力評価問題など、これまでのノウハウを活かしたコンテンツも幅広く制作。未来の日本を担う、創造的・個性的な人材を育成していくことを使命としています。

株式会社光文社

株式会社光文社

昭和20(1945)年に創業された総合出版社。女性ファッション誌、週刊誌、文芸書、文庫、新書、翻訳書、実用書、コミックと、幅広いラインナップで展開。書籍の販売だけではなく、WEBやSNSなどのデジタル展開やイベントにも進出することで、読者との交流を深めています。一人ひとりのアイデアや発想を大切にし、心のうちで感じた面白いと思うことを記事や事業プロジェクトという形することで“街の風景”を変えていきたいと考えています。

益久染織研究所

益久染織研究所

私たちが住んでいるこの美しい地球上では、全てのものが循環しています。丁寧に作って、大切に使って、なるべく捨てずに自然に還す。ほんの百年前のむかしの人たちが あたりまえにやってきたことを見習って畑に綿の種を蒔き、糸と布のモノ作りを続けていく。それが私たち益久染織研究所であります。

高田耕造商店

高田耕造商店

国内外の棕櫚から繊維を厳選し職人がひとつひとつ手作業で作る、日本のたわし専門店。野菜や人の体にも使えるほど優しく、吸い付くような気持ちの良い肌触りは素材と職人技のどちらにもこだわりがあるからこその仕上がり。大量消費されるものではなく、「10年、20年と長くお役に立てるもの。」という視点で道具を作り続け、その原点となる棕櫚においては、棕櫚産業を守っていくために棕櫚山の育成プロジェクトを立ち上げ、良質な棕櫚の栽培を長い年月をかけて行っています。

鶴頸種苗流通プロモーション<br />(かくけいしゅびょうりゅうつうプロモーション)

鶴頸種苗流通プロモーション
(かくけいしゅびょうりゅうつうプロモーション)

代表は小林宙(こばやしそら)、中学生3年生時起業。日本全国の伝統野菜を主とするタネと苗の販売を行っています。伝統野菜を途絶えさせたくない、都会でもおいしい野菜を食べ、作り、笑顔になっていただきたい、との思いのもと2018年2月に発足し今に至る。

鹿のめぐみ

鹿のめぐみ

国内産の鹿肉を原料としたペットフードのブランド。全国各地の森では、鹿が増え続けることにより生態系が崩壊するという深刻な問題があり、ハンターも減少し捕獲量は全体の10%にも満たないのが現状です。 そして、捕獲された鹿の肉、鹿肉として活用されているのは、わずか10%。その他はそのまま処分か焼却処分されています。「森を正常な状態に戻したい。」「鹿のいのちを無駄にしたくない」という想いを抱き、鹿肉のペットフード「鹿のめぐみ」を立ち上げました。