サーキュラー・エコノミー 企業がやるべきSDGs実践の書

株式会社ポプラ社

¥946 (税込)

次回発送 8/3(火)(毎週火・金発送)・祝日の場合は翌営業日|私たちはすべての商品を簡易包装でお届けします

作って捨てる「一方向(リニア)」型経済から、使い続ける「循環(サーキュラー)」型経済へ。これは、選ばれ続ける会社の「成長戦略」。

本書では、ミシュラン、グッチ、アディダス、アップルなど、各業界を牽引する最先端企業による「SDGs実践の方法」「サーキュラー・エコノミーの取り組み」を紹介。環境と経済を有機的につなげ、まったく新しい発想で商品やサービスを生み出す、魅力的かつ野心的な取り組みにせまります。

【目次】

  • 序章  リニアからサーキュラーへ――新たなビジネスモデルと日本の現状
  • 1:製品に「サービス」という価値を付加する
  • 2:斬新な発想で、廃棄物の概念を変える
  • 3:ゼロカーボンで覇権を争う米国の巨人たち
  • 4:プラスチック、「責任ある消費方法」を模索する
  • 5:「環境の破壊者」ファッション業界の変貌
  • 6: リソース・ポジティブと食ビジネス
  • 7: 家具、寝具、信頼できる暮らしまわりの製品
  • 8: 紙の無駄にビジネスチャンスあり
  • 終章 日本の産業と、サーキュラー・エコノミーへの移行

【著者略歴】

  • 中石和良(なかいし・かずひこ)
  • 松下電器産業(現パナソニック)、富士通・富士電機関連企業で経理財務・経営企画業務に携わる。その後、ITベンチャーやサービス事業会社などを経て、2013年にBIO HOTELS JAPAN(一般社団法人日本ビオホテル協会)及び株式会社ビオロジックフィロソフィを設立。欧州ビオホテル協会との公式提携により、ホテル&サービス空間のサステナビリティ認証「BIO HOTEL」システムを立ち上げ、持続可能なライフスタイル提案ビジネスを手掛ける。2018年に「サーキュラーエコノミー・ジャパン」を創設し、2019年一般社団法人化。代表理事として、日本での持続可能な経済・産業システム「サーキュラー・エコノミー」の認知拡大と移行に努める。

商品詳細

サイズ

173mmx109mm

内容量

190ページ

レビュー (0)

株式会社ポプラ社

 

戦後間もない1947年の創業以来、文字、活字の力によって人の心を耕しつづける出版業を生業としてきた。特に児童書専門の出版社として出発したポプラ社は、新しい時代を担うこどもたちのために人生の糧となるような良質の本を送りとどけることで世の中に貢献し、企業としての使命を果たしてきた。老若男女を対象とした幅広い出版に事業を拡大した現在も、夢や希望、感動にあふれた本の出版を通じて、人の心のすこやかな成長に寄与したいという精神を変わらず持ちつづけている。

 

ブランドサイト

https://www.poplar.co.jp/

・すべての商品を簡易包装でお届けします。

・商品発送は火曜日と金曜日の毎週2回です(祝日の場合は翌営業日)

・ギフトラッピングは承っておりません。

・お支払いはカードのみとなっております。

 

 

ELEMINIST SHOP カスタマーサービス

お問い合わせはこちらから

営業:平日11時~17時(土日祝休日)

You may also like