エシカル白書 2022-2023

山川出版社

¥2,970 (税込)

“「エシカル」を通じて世界を知る”

本書は、これまでエシカルに全く触れてこなかった生活者・企業人から既に実践を重ねている有識者まで、幅広い読者のニーズに応えることを目指してまとめています。 

巻頭対談にはジャーナリストの国谷裕子さんをゲストに迎え、新型コロナウイルスが明らかにした社会課題、気候変動や人権などの問題、メディアのあり方まで様々なテーマを取り上げ、エシカルな世の中の実現に向けた危機感と希望を語っています。
本書の前半では、客観的に情報を整理する白書として、サステナビリティが必要とされるようになった社会的背景の解説や国際機関発行のSDGsに係る統計データなどの読み解き、エシカル消費についての認識・意向がわかる調査など幅広い知見を提供。
後半にかけては、エシカルを取り巻く日本国内外の動向についてまとめ、海外の先進事例の紹介やサステナビリティ関連の著名な識者の論考を通じ、日本のエシカルな取り組みの未来に対する示唆を提供することを試みています。

目次

  • はじめに
  • 1章 エシカル白書2022-2023巻頭対談
  • 2章 エシカル消費を通じて今考えるべき社会課題
  • 3章 国連 The Sustainable Development Goals Report 2021の読み解き
  • 4章 日本におけるエシカル消費動向調査
  • 5章 エシカル先進事例の紹介
  • 6章 エシカルな世の中をつくるための全世代会議
  • 巻末特集 写真で見る気候変動

著者紹介

  • 末吉 里花(すえよし りか)
  • 一般社団法人エシカル協会代表理事・日本ユネスコ国内委員会広報大使
  • 慶應義塾大学総合政策学部卒業。TBS系『世界ふしぎ発見!』のミステリーハンターとして世界各地を旅した経験を持つ。日本全国の自治体や企業、教育機関で、エシカル消費の普及を目指し講演を重ねている。著書に『祈る子どもたち』(太田出版)、『はじめてのエシカル』、『じゅんびはいいかい? 名もなきこざるとエシカルな冒険』(山川出版社)。消費者庁「倫理的消費」調査研究会委員(2015.52017.3)、東京都消費生活対策審議会委員、日本エシカル推進協議会理事、日本サステナブル・ラベル協会理事、NPO法人FTSN(Fair Trade Students Network)関東顧問、認定NPO法人フェアトレード・ラベル・ジャパン アドバイザー、SOMPO環境財団評議員、一般社団法人地域循環共生社会連携協会理事、花王株式会社ESGアドバイザリーボード、新渡戸文化学園NITOBE FUTURE ADVISOR、1% for the Planetアンバサダー、ピープルツリーアンバサダー。
  • エシカル協会サイト:https://ethicaljapan.org
  • 著者の末吉里花さんのインタビュー:https://eleminist.com/article/50

サイズ

A5

内容量

 296ページ

レビューを書く

山川出版社

昭和23(1948)年、東京大学史学会の機関誌「史学雑誌」を出版する会社として始まった。主に社会科教科書や学習参考書を発行している。会社設立当初から「人文科学の分野から文化の発展に貢献する」を理念として活動している。

ブランドサイト
https://www.yamakawa.co.jp/

  • ・すべての商品を簡易包装でお届けします。
  • ・ギフトラッピングは承っておりません。
  • ・お支払いはカードのみとなっております。

ELEMINIST SHOP カスタマーサービス

お問い合わせはこちらから

営業:平日11時~17時(土日祝休日)

You may also like